「ほっ」と。キャンペーン

はじめました♪


by mogusu

自信を持って歩く

最近自分に対しての妥協が去年よりはだいぶ減ってきました。
就活に、バイトに、そして学業に取り組んでます。

学業はまだまだ…ってか終わりがない世界だからな。
自分の積み上げるものに対しての妥協点がみつからない。
しかもそんなに頑張ってない。実際。論文がなかなか進まんのです。
でも、目標は、きちんとその分野における専門的な知識を身につけて、簡単に世論や流行にまどわされない人間になるってこと。ここだけはせっかくの大学院に行った経験を無駄にはしないで頑張ろうと思います。

就活は勉強になるね。ちょっとはまってます。
何でかって、今まで大学院では否定されがちだったパーソナリティや人生経験を評価してくれる企業があるってこと。自分を認めてくれる。そしてアドバイスをくれる。やっぱり、学者の世界より、刺激的で魅力はあるよなーって。肌に合っているのでしょう。
でもそれは大学院を受験する前から分かっていたこと。ここで就職活動に傾倒して学問を投げるなんてことはしません。甘えだよ。おいしい汁だよ。毒りんごだよ。ふらふら楽な世界に行っちゃだめだよ俺。学部生とは違った視点、価値観を持ちながら、一歩一歩自分を見失わずにやります。

とにかく、自信を持って、浮き足立たずに行動して、人の前に立つってことを心がけています。
なかなか難しいのだけど、4月の自分を信じて頑張ろう。
[PR]
# by mogusu | 2008-03-13 15:17 | うろうろ

目標を抱いて

人生うまくいくことばかりじゃない。
こんな時じゃないと考え付かないようなこともあるし、それはそれで自分を成長させてくれるし、考え方も磨かれる。
プラスに考えれば感謝の気持ちと、自分に対しての大きな改革へと至らしてくれるために最善の結果だったと思う。これを期に変われた部分もある。
プラスに変えなきゃいけないのは分かってる。
分かりきってる。

しんど!!
[PR]
# by mogusu | 2007-11-14 02:00

気を張りつめて

よう分からんけど、進んでいかなきゃ行かない道があり、
その先には何があるのかは分からない。

行くしかないんだよな。
でも、辛いんだよな、しんどいんだよな。
周りがまったく見えませーん。

男はどっしりと焦らずに構えるってのは、いったいどれほどの
修練を積めば良いのだろうか。
そんな試練があるのであれば受けて立ちたい。
きっと簡単なようで難しくて、難しいようで簡単なことなんだろ。
意味分からんけど。

先を考えると不安になっちゃうね。
自分自身の人生としての目標は見失わないで
今日も少しだけど進んでみたよ。
[PR]
# by mogusu | 2007-10-16 19:38 | うろうろ

野ざらし

ジョンれの君の言った。
追い風ばかりは吹かない。
確かにそうである。
上手くいくような雰囲気の時はすべて上手くいく。
特に何も考えなくても。

でも、ちょっと歩くとそこには必ず壁が存在する。
そこにおいて、自分に甘え、周りを見ず、良いときの記憶にばかり
それを信じるという美化のフィルターを通して見てしまった俺がいる。
一種の過信・慢心であろう。

自分を客観的に見る。
そこには戦いという名の場に未だ立つ度胸がない俺がいる。
運に身をゆだねている根の生えていない苗。
俺は全力か、いやそうではない。
別にぼろぼろになるという訳ではない。
中身のない自信。
そんなものは通用しない。
そうではなく自信といわずとも溢れ出る煮汁。

今は分からずとも、今までそうやって来たことには自信がある。
ふと冷静になったとき、
俺には信頼できる友。
懐かしい場所。
居場所・より所がある。

心に火が灯った。
この火を道しるべに、この道をもう少し歩いてみようと思う。
[PR]
# by mogusu | 2007-10-07 02:21

感情の起伏


結論から言います。自分は結局想いを伝えるという場所まで到達しませんでした。
自分の中ではもう抑え切れないくらいまで達していたし、告る決意もしていました。
アポも取っていたし。
というか「2人で話したいことがあるのだけど、時間作ってくれないかな?」というメールを送った時点で既にほぼ告白してるようなもんだよね。

ただ、前日に会う約束の確認を送ったはずのメールがなかなか返ってきませんでした。
自然な流れ!?で「明日夕方5時に多摩川駅に集合でよいかな?面白そうなカフェを見つけたから」というもの。
彼女はその夜は12時近くまでバイトだったので、まあ返って来るのは遅いだろうなとは予想していました。
でも、返ってきたのは夜の2時。
しかも、返って来た内容はというと「会う時間もう少し遅くできないかな?それとお寿司食べに行くからあんまり長居できないけど…」というもの。
自分ばっかりがハイテンションでいたので、一気に気持ちが落ちてしまいました。
でも、俺は普通の態度を装って、というか、それでも僅かな時間ながら時間を作って会ってくれるということに微かな希望を持って、そのメールに対して即返信しました。
内容は「拒否権ないじゃん!そうすると、月曜の方が余裕あるの?」というもの。
まあ、当然と言えば当然なのですが、その夜に返信はありませんでした。

俺は当然の如く眠れるわけがない…
不安と焦りが募る一方で…
そして、いざ少し冷静に考えてみると、こんな状況で今まで上手く行った試しなんかなかったのですよね。
自分の自己満になっているし、そもそも恋愛は気持ちの押し付けや相手を思いやる気持ちがないと上手く行くはずなんかないんですよね。
男らしく、堂々と、直接に会って想いを伝えるということは自分の側からの一方通行なのかなって。
旧にとてつもない自己嫌悪と不安にさいなまれてしまったわけです。

そして出した結論は、嘘をついてでも、会うことを止めようというものでした。
少しでもリアルさを出すために、送ったのは朝の7時半でした。
「実家に急遽帰らなければ行けなくなった。そして月曜日もやっぱ課題を貯めすぎていて、時間が取れないから、週末をゆっくり楽しんでね!」という感じで…

それ以降、バイトが2度かぶりましたが、普通の空気を何とか頑張って維持してるのかなといった感じ。
相手もバカじゃないし、絶対に気持ちにはきずいていると思うんです。

ただ、自他共に男らしさを口にして、それをまぁ自分の強みにしている俺が、何とも男らしくない行為をしてしまったということに、そうとうなショックを受けているわけです。
男らしさって一体何なのだろうか。
あそこまでしておいたら、引きさがらずにぶち当たるのが俺らしいのか。

あそこで自分を貫いて、がっつくことだけが男らしさではないと思う。
しかし、告白という舞台には立たなかったにせよ、そこへの道のりにおいて、相手に分かるくらいにがっついてしまったもの事実。
不甲斐無いのです。
こんな時、坊主にしたことや、自分の社会性のない行動とか無性に反省しちゃったりもするんです。

ただ、ここで凹んで表に分かるような態度を取るのは一番男らしくないと思って、少しづつ前に進んではいるのですが。
中身のない自身だけはもう止めにすると信じて。

そしてこんな時に彼女はどんなことを考えているのかということに頭を悩まされて…
[PR]
# by mogusu | 2007-10-03 15:30 | うろうろ

春休み後半戦!

気がつけばもう4月ですね。山梨ではもう桜がちらほら。
そう、僕は3月7日から山梨県は南にある教習所で自動車の免許を取るために奮闘していました。
結果的にMTの卒検を何とか取ったのですが、道のりは遠かったです。修了検定は1回落ちました。左後輪が少々おてんばだったようです。でもこのお陰で僕は安全運転をするドライバーになりました。それから引っ越し・体育会卒業式・大学の卒業式と3回も山梨・東京間を行ったり来たりしました。そのため最後の方は同期入所の仲間達は次々に卒業をしていってしまい
、休み時間に卓球をする相手に困ったりもして淋しい思いもしました。卒業式の日はまだしも、体育会卒業式の次の日なんかは酒気帯び運転なんじゃないかと思うほどの頭の痛さだったのですが、そのことも良い教訓になって、飲酒運転は絶対にしないと心に誓いました。

免許を取っている間は親戚宅に居候していたのですが、そこの家でかっているコーギー5歳(♀)が心の癒しでした。散歩に連れて行ったり、どっちがスタミナがあるか持久走をしたり、エサの奪い合い!?をしたり。お別れをしに行ったときに、吠えまくってくれたのは悲しかったからなのかどうなのか。

卒業式です。何だか楽しすぎてあっと言う間に1日が過ぎてしまいました。4年間ほぼ毎日着た愛着のある学ランを身にまとって、式ではゼミや体育会の人達と思い出話や今後の約束なんかをしあって。

式の後は本部による0次会が恒例の藤家にて行われ、この時点でもう既にお酒が体中に回ってしまいました。園遊会に行くときの電車の中とか何にも覚えてません。でも、本部が気合入ってないと体育会、ましてや大学を盛り上げることはできないという誇りだけは覚えていた気がします!

園遊会では応援指導部のステージの最前で、体育会の熱いやつらと肩を組んで応援歌を熱唱したのが本当に嬉しかった。高校の時に、なかなかバカになって学祭や野球応援をやりたくてもできない自分だったので、こういうことを大学でできるような環境にいられたこと、そして仲間に恵まれて良かった。

2次会はゼミの方に行きました。ゼミは幅の広い価値観や考え方を教わったところ。まったく空気は違ってお酒は飲まなかったのですが、落ち着いてまったりと4年間を振り返ることができました。

早朝に教習所へと1人で戻る電車の中は感慨深かったです。眠かったけど。世の中感謝ですわ。

明日また東京戻って同期のラストバイト送別会です。卒業式の夜に心おきなく飲めなかったから、次の日を気にすることなく飲もうと思います!
[PR]
# by mogusu | 2007-03-29 01:56 | うろうろ

安芸は宮島 登山は絶景

昨日・今日と1つ上の先輩を訪問しに広島に行って来ました。
自分が最も影響を受けた先輩のひとり。
人づき合いや、仕事と部活の両立とか、
この人なしでの4年間は語れなかったと思います。

今回も後輩の訪問をとても喜んでくださり、
何から何までお世話になりました。
自分で出費したのは飲み代だけだしね。
でも、お金じゃなくてこれはやはり気持ちとか
関係とかそれ以上のものなんだろう。

1日目には原爆ドームと広島城に。
2日目はレンタカーを借りて日本三景の1つ宮島に。

宮島では登山もしました。
往復で1時間というコースを走りまくって片道10分で駆け抜け
頂上の絶景のなか「気合」と絶叫!

先輩も昔の気持ちに戻って楽しんでくれたようです。

この恩は忘れません。
自分も後輩が訪問してくれるような器を持ちたいと思いました。
[PR]
# by mogusu | 2007-02-12 01:59 | うろうろ

あんこ

今日は7時間30分のスタバ。
バーを4時間くらいやったが、時間の割にまじ一瞬。
時間の延び縮みで言えばすげー縮んでた。
こういう時間は歳をあまりとらないらしい。

歳と言えば今日バイト仲間が
女子高生やら大学1年生やら年下ばっか。
若干やりずらい。
部活では下の立場に長らく立ってなかったからな。
まあ技術は負けるけど、精神力で引っ張って行きたいね。

その後は高校の友達に大学の女友達を紹介するというコンセプトの飲み会。
自分眠すぎて途中寝てしまうという大粗相しました。
まあ話も進んだし、良い感じで繋がったのではないでしょうか。

やっぱり恋愛は素直に自分の心を伝えることが何よりなんかね。
シンプルな考え方。
ちょっと自分にとっても参考になった飲み会でした。
[PR]
# by mogusu | 2007-02-06 01:08 | うろうろ

その道は

スタバイトがエグイ~。
何がきついって客の絶え間がなさすぎてもう大変…
今日は未曾有の大災害級に忙しくて知らない間に時間が経って。

温度チェックとやらを忘れておりました。
するとそこへDMというおえらいさん登場。

俺はまじこてんぱんにやられました。
まあ賞味期限の問題とか時期が時期だけにしょうがないことだけどね。
プロ意識は常に持ちたいし、
それだけアルバイトに対しても求めているのだよね。

しかし、そこに希望はあって、パートナーもそれぞれ賭ける熱き想いがあって。
コーヒーも一つの芸術性。
スタバの価値観は経営学的にも社会学的にも研究対象になりそうだ。
興味がますます沸いてきた。
コーヒーハウスって言う昔の役割も全然はたしてるし。

俺はやります。
DMはなかなかやる男のオーラ出してたから、態度で見返してやります。

仕事は仲間を作ることであり、想像力の源泉なのじゃ。
[PR]
# by mogusu | 2007-02-03 01:04 | うろうろ

甲府盆地 絶景かな

週末実家に帰っておりました。
今回の帰省は割りとグダグダ。

あんまし家の手伝いもしなかった。
まあこんなんでもたまには良いかな。
家族の良き話相手にはなったがね。

今日は帰って来る前に、高校の友人と甲府盆地が一望できる温泉
「みたまの湯」に行ってきました。
合併した我が町が日本に誇る温泉で、夜とかまじ絶景かな。
風呂に入りながら、夜景を眺めながら、お互いの将来について語らいました。
最近じゃあメディアにもちょくちょく出るのですが、
人数が多すぎると風情がなくなっちゃうよ。
地元が活性化するのは良いのだがね。

自分が今できることを精一杯やる。
あせらず温泉なんか入っててもよし。
そこから何か見つかるんかな。
[PR]
# by mogusu | 2007-01-29 00:48 | うろうろ